借金のリボ払いの弊害による借金返済の恐ろしさ

借金は本当に怖いものです。一旦借金をしてしまうと返済するのに非常に長い期間かかってしまいます。
私は10年前にクレジットカードで借金をしてしまい、当時はまだ20万円ちょっとだったのが使いすぎた結果、60万円まで膨れ上がってしまい、現在でも40万円弱の借金が残ったままになっています。
それではなぜ返せないのか?ということになりますが、返す傍ら借りたり使っているから返しても返しても、借金が減らずに残ってしまっているのです。これは怖いことです。一度借金をしたがゆえ、働いていると「いつでも完済できる」という思いこみが発生し、結局、完済しないままに借金が減らないという悪循環になってしまうのです。
リボ払いの弊害もあると思います。リボ払いは毎月の返済額を少なくできる画期的な返済方法ですが、借金返済が長期化し、何年経っても返済できない私のような人が出ていることも事実です。リボ払いは返済額のうち、何割かを利子として払いますので、1万円返済しても実際には8,000円しか返済していないということが起こります。そうすると、返しても返しても借金が減っていかないということになり、最終的には完済まで10年以上かかってしまうこともあります。
これを避けるためには、一度完済すると決めたならカード会社から借金はせず、何があろうと自分で働いたりお金を作って返していくという方法しかありません。
そのためには、毎月の生活費などを計画的に使っていくことが必要となってきます。
例えば、給料を貰ったら、まず借金の返済額をとっておき、その後に家賃や光熱費など必ず必要なお金を分ける。
そして、残ったお金でなんとかやりくりしていく。
そういった生活設計が必要となってくるでしょう。

Posted under 借金

意外と知られていない借金の存在

借金といえば普通に考えつくのが銀行からの借入だと思いますが、多くの日本国民が利用している最も身近な借金が存在するのです。
それが携帯電話です。
住宅を購入する時等にそういう事実を知るのですが、携帯電話を普通に分割払いで購入するのが今は一般的なのですがそれが借金に分類されるのです。
その為住宅ローンを組む際には住宅メーカーによっては携帯電話を一括精算してきてくださいとお願いされる事もあります。
銀行はとにかく数字で客観的な判断を行いますので、知りませんでしたという事情は一切考慮されません。
特に今では様々な割引制度が出てきており、実質無料というプラン等で借金という事実すら知らないで契約してしまっている方が多数いらっしゃいます。
ですのでもし住宅等を購入する為に銀行から借入を行う予定が分かっているのであれば前もって購入までは我慢するか、どうしても買い換えなくてはいけない場合は一括で精算する様にしましょう。
携帯を分割で購入したからといってそれだけで審査が駄目になるという事は少ないかもしれませんが、万が一審査に通らなくて後に後悔するならば、前もって対策を打っておく事が確実だといえます。
それと同様にクレジットカードでのリボ払いや分割払い、ショッピング、キャッシングも全てが借金となります。
支払い方法をクレジットカードでまとめるというのは非常に便利ですが、どうしても証拠が残り銀行等からのチェックが入ってしまう項目となってしまう所ですので、しっかりとした人生プランを立てて、これらの借金と上手く付き合いましょう。

Posted under 借金

過払い金の返還請求は専門家に依頼した方がより多く請求出来る

カードキャッシングを利用し始めたのは、今から10年前位からです。一番最初は、ガソリンスタンド系のクレジットカードのキャッシング枠を利用してのものでした。と言うより、私が関知していない状況で、妻が内緒でキャッシングしていたというのが実情でした。妻がキャッシングしていることを知ったのは、クレジット会社から「現在金利の高いキャッシング利用になっているので、金利の低いローンカードへの切り換えをおススメします」と連絡を受けたことがきっかけでした。
当初キャッシング自体に身に覚えがなく、なんのことやら分かりませんでしたが、そこで初めて妻に確認し、キャッシングの事実を知ったのです。
あれから10年、現在も借りては返すの繰り返しで、のらりくらりとキャッシング生活を続けています。
最近ラジオCMなどで、過払い金について良く見聞きするようになりました。
現在利用しているローンカードの金利は、18%の法定金利であり、過払い金など発生している筈はないので、何度聞いても自分には関係の無い話だと聞き流していたのですが、「ひょっとしたら、10年前に妻がキャッシングしていたクレジットカードには?
」と思うようになり、カード会社へ取引履歴の開示を求めてみたのです。
カード会社からは都合良く、金利引き直しでの計算書を添付で債権届出書を提出してくれました。すると、貸出金額欄に「-13万円」とあり、13万円の過払い金が発生していたのです。
過払い金の返還請求を弁護士や司法書士といった専門家に依頼するか、自分で行うか迷いましたが、13万円を取り戻す為に成功報酬で20%前後支払っては同じだと、カード会社の管理センターへ自分で電話してみることにしました。3日後にカード会社から連絡するとのことで一旦終了。そして約束の3日後の仕事中に連絡が入りました。
カード会社からの和解案は、13万円の過払い金の70%の9万1千円。「何故減額されるのか?」と確認するも、「過払い金には必ず返さなければならない法律の縛りはない為」とのこと。まるで法律に詳しくない私は、それ以上食い下がることが叶いませんでした。少し悔しい思いでしたが、現金で9万1千円が入る現実に負けました。
過払い金にも利息を付けて、返還請求が出来ることを後日知りました。もしかしたら、成功報酬を支払っても、専門家に依頼した方が、より多くの返還請求が出来ていたかもしれません。
もしもこれから過払い金請求を考えていらっしゃる方には、成功報酬のことなども含めて相談してから決めるのも、良いのではないかと思います。

Posted under 借金

借金の怖さを知って使えば有効

借金を行う時にはリスクについて知っておくと安全に利用可能になり、借金を行った以上は確実に完済させる必要があります。

金融業者から借入を行うと、金利設定や返済期日等のルールに基づいた返済が必要になり、仮に返済日に遅れてしまえば延滞金等の罰金を取られる事になりますし、他にも信用情報に傷が付くものです。

罰金だけでは怖くない面もありますが、信用情報に傷が付けば新しい借入が出来なくなったり、好条件でのローンを組めなくなりますから注意が必要になります。

返済が出来ない状態になれば債務整理を行う必要が出る事もあり、こうしたリスクを防ぐ為には必ず返済計画を立てた上で使う事が有効です。

借金件数を増やしてしまうと雪だるま式に膨らんでいく傾向があり、そうなると返済出来ずに毎日お金に悩む事にもなり、仕事やプライベートに影を落とす可能性もありますから、借金は生活の潤滑油になる形で使う事が望ましいと言えます。

キャッシングやローンは計画的に利用すれば、生活レベルをアップさせてくれるものでもありますから、借金の怖さを知った上で活用する事が必要です。

確実に完済出来る形で利用する事によって、安全かつ心強い味方になってくれるものであり、無計画に使えば利息負担や信用情報に影響が出てしまいます。

Posted under 借金

借金返済で困った体験から感じたこと

これまでに借金をした事がある人なら分かると思いますが借金をして一番困るのは借金を親や友人や知人からした時です。これが意外と困った事になるので借金をする時はできるだけ消費者金融からした方が良いです。

なぜなら、私はこれまでに借金を親や友人や知人からした事があってかなり困った事になってしまったからです。特に一番困ったのがこれらの人から借金をすれば確かに消費者金融から借金するのとは違って利息の支払いはしなくて良いですがその分返済の催促がすごいというのがあるからです。

ですから、いくら親や友人や知人から借金すれば利息の支払いは不要でも思った以上に返済の時に面倒な事になるのでお金を借りようと思った時は利息の支払いは必要になっても消費者金融から借りた方が良いです。

少なくとも私はこれまでに親や友人や知人から借金をして感じた確かな事です。
ですから、今ではどうしてもお金を借りる必要ができた時は迷わずに消費者金融から借りるようにしています。

それで安心して借金できるのでみなさんも利息の支払いをケチらないで素直に消費者金融からお金を借りるようにした方が良いです。それで多くの方は思った以上に借金返済で困らないと感じると思います。

Posted under 借金

借金の返済は苦労します

借金をたくさん抱えたことのある方々も多いと思いますが、借金の返済は非常に苦労しますよね。当たり前ですが、お金を借りれば返す義務が生じるので、借金の返済というのを第一に考えておく必要があります。そのため、お金を稼いでも借金返済に消えていきますし、かなり厳しい状況になるケースが多々あるのです。
私も消費者金融などでお金を借りたため、借金の返済に四苦八苦したことがありますが、やはり、消費者金融でお金を借りると借金の返済に苦労する場合が多いのです。

最初は簡単に返済できるだろうと甘く見ていたのですが、実際にはかなり大変でした。お金を多く借りてしまうと、その分借金の返済にすごく苦労しますよね。金額が多ければ多いほど借金の返済は困難になる可能性が高いので、あまり借りすぎないことも大切ではないでしょうか。誰もがお金のことで苦労する機会もあるはずですが、収入に見合わないような金額を借りるのはいけません。

お金はとても大切で貴重なものなので、なるべくは無駄遣いせずに貯金に回しておきたいと強く思いましたし、借金の大変さを痛感しましたね。お金のことで困ることをなるべく少なくできるように、あまり無駄遣いをしないことにしています。そうしていかないと、当然、お金のことで困るケースが多くなるのです。

Posted under 借金

借金に依存していました

借金で怖いのは、その状態に慣れてしまう事だと思います。
常に借金をしているのが当たり前で、何も感じなくなってしまうのが一番怖いです。
しばらく前の私がそうでした。

借金を完済してすぐにまた借金、欲しいものがあればすぐ借金といった感じでした。
欲しいものが出来たら我慢出来なくなってしまうんですよね。
また借金すれば良いかと思うようになっていました。

その結果、気が付いたら最高三社から同時に借金して百万近く返済しなければいけない状態になっていました。
年収から見たら返済は無理では無いのですが、一般的にはかなりの借金です。
それなのにその時は何とも思っていませんでした。

私のような状態になってしまうと何かのきっかけがないと借金が止められなくなってしまいます。
お金が必要とかそういう事で借金するのではなく、借金する事自体が目的になってしまうのです。
一種の依存症なのだと思います。
タバコも吸わずお酒も飲まない、ギャンブルもやらない私には依存症なんて関係のない事だと思っていたのですが、借金に依存していたようです。

借金する事が当たり前になっている、借金する事に何も感じなくなっている、借金をする事でなんだかスッキリする、こんな人は注意して下さい。

Posted under 借金

借金地獄に陥らないように

借金をすると必ず利息が発生します。
そして借金の怖さもこの利息にあります。
例えば年率10%で100万円を借りたとしましょう。
ちょっと計算ができる人なら1年で10万円の利息が発生するぐらいのことはすぐわかると思いまが、この先を考える人はどのくらいいるでしょうか。
1年で返済できるなら10万円の利息で済みます。
しかし100万円を1年で返済できるのならそもそも100万円を借りるようなことはなかったと思います。
100万円を用意できないから借りたのです。
つまりは返済には数年かかるということです。
仮に5年としましょう。計算を簡単にするため1年の利息を10万円として考えます。
すると5年×10万円で50万円利息で支払うことになります。
100万円借りて150万円支払う計算になります。
これが何を意味するのは、利息が多いとか損だとかいうことではありません。
100万円を借りたということは、そもそも100万円を用意できなかったという人です。
その人がさらに50万円を多く支払うというのは本当に大変なことです。
つまりは、こうやって借金地獄へと陥っていくのです。
ですから本当に必要がなければ、そして見通しがなければ借金などしてはいけません。
可能な限り借金をしないで生きていく方法を考えなければいけません。
安易に借金に手を出すと本当に大変なことになりますよ。
なお、本文中の計算はわかりやすくするため簡略化しています。

Posted under 借金

消費者金融やカードローンは、簡単に借りることができるがでも返済は終わらない

今まで、余裕でなにもお金には困らない生活をしていました。
でも体調不良と離婚がきっかけで、生活が一転してしまいました。
離婚の原因は、主人のギャンブル依存で、多額の内緒の消費者金融での借金でした。
二人で、自営業を営んでいましたが、夫名義でしていた自営業はやめることにしました。
お店はそこそこ商売繁盛してたカフェでしたが、そのせいで夫がいくつもの消費者金融にお金を借入してたことが分かりました。
返済が滞り家まで、消費者金融の人が、尋ねてきたのがきっかけでした。
私に対して返済は言いませんでしたが、夫の行方が急に消えて尋ねてきました。
ある日夫が、帰ってこなくなり私と、生まれたばかりの赤ちゃんと残されたのが始まりでした。
お店は、行方不明になったときも最初はバイトの人と私とでがんばってお店を開けていましたが、非常に忙しくてお店をまわすことが無理になりました。
消費や金融のひとは何回も尋ねてきました。でも夫がどこにいったのかもわからないので知らないと言うばかりでした。
でも、毎日来るので、仕方なく私が返済をすることになりました。
強制ではありませんが、お店にきたり、電話がなってくるのが、嫌だったからです。
消費者金融に夫は何社も借りていました。
借りるのは、簡単にかりたみたいですが、返済が滞って逃げたみたいでした。
私は、最後は離婚の申し立てをして夫とはすぐ離婚しました。
消費者金融は本当に簡単に借入できたんだなと何社もあったので思いました。
消費者金融やカードローンは、うまく使えばいいこともありますが、間違うと家庭崩壊だなと思いました。

Posted under 借金

嫁に内緒で借金をしてしまい返済中です

借金をしてしまったのには、実はお小遣いが少ないからと言った理由だけでクレジットカードを作ってしまったんです。カードローン機能があるので借り入れをしてしまった訳なんですが、どうしても仕事上の付き合いでお金が無いと付き合いがよくないとか思われるだけで怖くなってしまいそれで借りてしまったんです。
当然ですが、そんなことをすればお小遣いも残らないし自分自身の生活が苦しくなるのは目に見えていました。そもそも結婚してから嫁が辛い思いをしないようにと私からお小遣いの金額を決めてのですが、実際に私の収入があまり良いとは言えず、そのことでお小遣いを増やして欲しいとは決して言えませんでした。
結婚することで今後必要になるであろう妊娠や出産などに、これまでの貯金も使いきってしまったのも理由にはありますが、人付き合いが良くないと会社の同僚に思われたくない気持ちが必死過ぎて、気がつけば借金が100万近くまで膨らんでいました。
そのことがとうとうバレてしまったとき、お互い険悪な仲になってしまいましたが、原因は私にあるので、もう二度としないことを約束して、会社での付き合いもプライドなんて捨てて今ある借金をできる限り返済するように頑張っています。

Posted under 借金
1 2